同志社大学ラグビー部 ファンブログ

タグ:2014年度同志社大学ラグビー部






2014年度第51回ラグビー大学選手権セカンドステージ第2戦、同志社対早稲田戦は、同志社の健闘が光りました。

同志社は前の試合、東海戦をノートライにおさえられ、完敗といっていい内容でした。

今大会、ベスト4を狙える早稲田だけにこの試合もいいところなく敗れるという予想を立てていました。

しかし、序盤から同志社の攻撃が思いのほか機能します。

早稲田は司令塔のSO小倉順平が怪我のため欠場と戦力ダウンは否めませんが同志社苦戦するとは思っていなかったでしょう。

前半は7-10と同志社がわずかにリードされますが内容はほぼ互角でした。

後半は地力に勝る早稲田に、前回の東海戦同様突き放されると思われましたが、早稲田相手に一歩も譲らない攻防が続きます。

後半10分にWTB松井千士がトライし、12-10と逆転します。この後のコンバージョンは簡単な角度ではありませんでしたが、正確なキックを誇る渡邉夏燦であれば十分決められると思われました。

しかし、あえなく失敗。

結局この2点が、後々響いてきます。

その後早稲田がWTB荻野岳志が同志社ディフェンスのすきを突き独走のトライを決め再び逆転、12-15とします。

さらに、1年生SO横山陽介がペナルティゴールを決め、18-12と突き放します。

しかし、同社はここから粘りをみせます。

連続攻撃を仕掛け、ゴール直前まで迫ります。
すると38分、早稲田陣内ゴール付近からのラインアウトから主将のFL田慎理淵が押し込みます。

17-18と1点差に詰め寄ります。

しかし、ゴールポスト中央からは離れており、簡単なコンバージョンキックではありません。

渡邉夏燦はすでに交代しており、キッカーはWTB宮島裕之。

宮島はライン際を鋭く走り切るランナーであり、左足のロングキックが魅力の選手です。ただ、好不調の波が大きく、ボールをうまく捉えられずにひっかけるようなキックもよく見られます。

決めれば逆転、外せば敗戦が濃厚となる緊張を強いられるプレーです。

のちに意外に冷静だったと振り返ったコンバージョンキックでしたが、蹴った瞬間ボールは大きく右に逸れていき、失敗キックということがわかりました。

時間はまだ残っていましたが、結局そのままノーサイド。

十分勝つチャンスがあった試合を落としてしまいました。

僅差での敗戦再びです。

なんでこんなに勝負弱いのでしょう?

この試合、ファイナルステージに進むために最初から4トライ以上とることをチームでの決め事にしていたということです。

準決勝に進出することを第一目標にすることは理解できます。

しかし、東海にもフィジカルの差を見せつけられ敗れています。
今季帝京から勝利をあげることがほぼ不可能なのは誰が見ても明らかです。仮に準決勝に進出しても、おそらくはそれ以上の結果は望めないでしょう。

そうであれば、目の前の試合にまず勝つことを大地の目標にするべきだったのではないでしょうか。

前半、早稲田とフィジカルの差を感じさせない戦いができていまたが、そう簡単にトライを奪えないことは理解できたはずです。
後半はトライを狙いに行くのではなく、手堅くペナルティゴールを狙き、勝つことに焦点を変更してもよかったと思います。

関西の大学はこのあたりの軌道修正が上手くないと感じます。

関東の強豪大学は相手に合わせて戦術を巧みに変えてきますが、関西のチームは自分たちのカラーにこだわるあまり、力を出せないことが多いように思います。

これは関東と関西の気質の違いなのかもしれません。

後半は同志社が押し気味に進めながらも結局早稲田に勝てませんでした。

得点は取れるときにとっておくというのは、ゲームであれば当然の選択ですが今回はこれを選択せずに敗れています。

来季、スクラム同様ラインアウトの重要性を再認識してほしいです。

そして、手堅く、得点が取れるときにはしっかりとることは勝つためには不可欠な要素です。

もちろん、こんなことを書くまでもなく、十分承知していることでしょう。

しかし、今後は勝てる試合を落とすようなことはなくしてほしいです。











2014年関西リーグ、同志社対関西学院戦を見て、落胆した同志社ファンは多かったこと思います。

しかし、この敗戦後、同志社ラグビー部はやや上向きます。

関西リーグ、シーズン最終戦となる立命館大学戦では、初戦の天理大学戦で見せたような積極的に前に出るディフェスが機能します。

加えて、スクラムとラインアウトが安定します。

この試合でスクラムの要、才田が右ひじの脱臼により途中交代を余儀なくされますが、変わった海士も奮闘します。
スクラムはその後も優位に進めます。

ラインアウトも、関学戦に比べると格段に良くなっていました。
同志社EVEの休日期間を使って合宿を敢行、ラインアウトなどのサインプレーはすべて作り直したそうです。

そう、やればできるのです。
しっかりと対策を練れば効果が表れるのがラインアウトです。

結局この試合終盤スクラムによるペナルティトライなどで後半突き放しは27-19と勝利します。

わずか1週間の合宿で劇的に改善されたラインアウトです。
関学戦ではサインがことごとく読まれていたということですが、お互いの試合の視察状況でそのあたりは容易に推測できるはずです。

重要な一戦となる関学戦の前に、なぜラインアウトの再構築をしなかったのか疑問が残ります。
おそらくは練習メニューューのプライオリティが異なることのよることが原因かと思われますが、それもエクスキューズにすぎません。


・ラインアウトの重要性


直接得点ににつながる可能性の高いラインアウトをなぜ毎年軽視しているの理解に苦しみます。

繰り返し練習してきたアタックやディフェンスの練習時間をシーズン終盤にある程度削り、代わりにラインアウトのサインプレーの再確認の時間に回したとしても大きな問題にはならないはずです。
むしろセットプレーの質が上がり、得点の可能性が高まります。

毎年のように繰り返される稚拙なラインアウトに苛立ちを覚える同志社ラグビーファンは少なくないと思います。

ラインアウトなどのセットプレーやプレースキックの精度が関東の強豪チームとの差といわれて久しいですがなかなか改善の兆しをみせません。
プレースキックに関しては抜群の精度を誇る渡邉夏燦選手がいますが、関西Aリーグでの先発はわずか2試合とキック以外のプレーでは監督の信頼を得られていませんでした。

同志社が大学選手権で関東の強豪チームに接戦を演じても結局は敗れてしまうのは、このような一見小さいと思われるプレーの精度の違いによるものだと思います。

ラグビーは実力通りの結果になりやすスポーツです。
このことを鑑みれば、実力が接近している場合、セットプレーの精度が低い同志社は勝つ可能性が低いことを意味しています。

実際ここ数十年その通りの結果になっており、関東の強豪校に対し7点差以内の接戦ではすべて競り負けています。
本当に見事に競り負けています。

関東の強豪チームに7点差以内の接戦で勝利したのはなんと1988年(昭和63年)の早稲田戦23-17での勝利が最後です。それ以降はことごとく負け続けています。

ちなみに強豪とはいえない中央には1998年度に18-13で勝利していますし、今季も立命館には43-42で勝利しています。


◆1989年以降7点差以内の敗戦

1989年度 大東文化 17-19 ●

1992年度 関東学院 10-14 ●

1998年度 明治    15-18 ●

1999年度 慶応    19-25 ●

2002年度 帝京     24-26 ●

2003年度 早稲田    33-38 ●

2007年度 筑波     20-25 ●

2011年度 帝京    12-18 ●

2014年度 早稲田   17-18 ●



それにしても計ったように接戦に敗れています。
もはや伝統といっていいほどです。

これも、かつて3連覇を達成した時の自由奔放と形容される同志社のプレースタイルに起因しているように思えてなりません。

同志社のラグビーは自由奔放と形容されることがありますが、それもベースとなる基本プレーの高い精度が伴ってこそです。

この基本プレーを疎かにしているが故に、大学選手権優勝から何十年も遠ざかることはもちろん、接戦で負け続ける理由のような気がします。

次回は2014年度第51回大学選手権の同志社大学の成績を振り返ります。





このページのトップヘ