同志社大学ラグビー部 ファンブログ

タグ:髙野蓮






11月1日に行われる京都産業大学戦のメンバーを再び個人的な期待を込めて予想してみます。

1 海士
2 山崎
3 才田

4 山田有樹
5 森山
6 秦啓祐
7 野中翔平
8 倉本

9 岩村
10 渡邉

11 氏家
12 永富晨太郎
13 高井
14 髙野
15 光部

16 中尾(藤川)
17 趙
18 石橋
19 戎(朴成脩)
20 高田
21 大越
22 永富健太郎
23 崎口

※末永、石田、林、安田、小林健太郎選手は欠場予想です。

FWに関しては前節摂南戦のメンバーが現時点ではベストだと思います。
HOに運動量も多く、キレのある動きでトライを狙える山﨑選手が入ったことでFWに躍動感が生れたのではないでしょうか。
その他、夏合宿の東海戦以降Aチームを外れているHO中尾選手の奮起にも期待しています。
しばらくBチームで調整を続けるかもしれませんが選手としてのポテンシャルは申し分ないはずです。
来季につなげるためにも早めにAチームに復帰してもらいたい選手の1人です。

FL秦、野中、NO8倉本選手の陣容もサマになってきました。
NO8倉本選手の縦への突進はアタックの形として機能してきています。今後マークがきつくなる可能性もありますが、予想されていても前に出ることのできる選手になっていってもらいたいです。

秦、野中両選手も毎試合安定したパフォーマンスを発揮していると思いますが、この2人のポテンシャルはこんなものではないと思います。
彼らに求められているのは単にブレークダウンで競り負けないだけでなく、前に出る強さも求められています。
さらなる成長に期待です。

ハーフ陣はSH岩村、SO渡邉選手のコンビ、CTB12は永富晨太郎、CTB13は高井選手でしょうか。

高井選手は今季Bチーム中心に出場しており、公式戦の出場はまだありません。
これまでSO、CTB12での起用が多かったですがJr戦のここ2試合はCTB13での出場です。
170センチと小柄ながら自ら仕掛けることも多い選手で、積極果敢に攻め込む強気のプレースタイルは同志社では珍しいタイプといってよさそうです。
CTB13は強くて大きい選手が理想なのでしょうが、スピードがありテクニックに優れる高井選手がここに入っても面白そうです。
タイプ的に重なるとはいいがたいですが、スピードがあり細身ながらラインブレークが期待できる日本代表の松島選手のようなプレーを期待しているのかもしれません。
おそらく高井選手も出場したくてうずうずしているのではないでしょうか。石田、林両選手が欠場となればチャンスが回ってくる可能性も十分あります。

FBは光部選手に期待です。
今季のレギュラー崎口選手の持ち味は精度の高いタックルです。最後尾を守るFBとして安定したディフェンス力があり、タックルに甘い印象があるBK陣の中でも際立っています。
しかし、攻撃面ではもう一つ存在感に欠けています。ライン参加して攻撃を仕掛けることはあっても、フィニッシャーとしてトライを取り切るシーンはこれまでほとんどなかったように思います。
そもそもその役割を求められていないといえばそうなのかもしれませんが、FBとしてはもう一段レベルアップが必要なように思います。
光部選手は崎口選手にはない前に出る強さの他に、パス、キックもバランスが取れている選手です。崎口選手はやや伸び悩んでいる印象があるので、光部選手と切磋琢磨しながら、さらなる高みを目指してもらいたいです。

京産戦では新たな同志社BKの可能性を見せてくれることに期待しています。










摂南大学戦のメンバーを個人的な期待を込めて予想してみます。

1 海士
2 中尾
3 才田

4 山田有樹
5 森山
6 野中翔平
7 秦啓祐
8 倉本

9 岩村
10 渡邉

11 氏家
12 永富晨太郎
13 永富健太郎
14 髙野
15 安田

16 山﨑
17 趙
18 石橋
19 朴
20 大越
21 石田
22 林
23 崎口


※東、末永、小林健太郎選手は出場可能であれば先発もしくはリザーブに入る可能性は高いと思いますが、一応欠場することを想定しています。

FWに関しては大幅な変更をする必要はないと思いますが、HOは運動量が豊富で馬力のある中尾選手の奮起に期待したいです。

ハーフ陣の先発は安定したプレーが期待できるSH岩村選手とスキルの高い攻撃的SO渡邉選手でしょうか。
CTB12はパス、キック、ランともに高いレベルの永富晨太郎選手、CTB13にはフィジカルが強く、突破も期待できる永富健太郎選手のプレーを見てみたいです。
WTB11には決定力のある氏家選手とスピードがあり永富晨太郎選手との連携も申し分ない高野選手。
FBにはカウンターからのゲインも期待できる安田選手。

岩村、渡邉選手が交代後のコンバージョンキックに不安が残りますが、来季以降を見据えて永富晨太郎、もしくは安田選手に任せてもらいたいところです。

リザーブには運動量が豊富でトライも狙える山﨑、朴選手、テンポアップのための大越選手、縦に強くインパクトプレーヤーとしては申し分ない石田、林選手、そして地味ながらも正確なタックルに定評のある安定感抜群の崎口選手を並べてみました。

FWはともかく、BK陣はこのメンバーになる可能性はほぼないといっていいでしょう。
しかし、システム変更が現実的ではない以上、新たな選手を試さなければ今季の同志社が大きく変わることはあまり期待できません。

実際は先日の立命館大学戦とほぼ同じメンバーになると思います。
しかし、才能豊かな選手が多いだけにいろいろな選手を試して飛躍の契機としてもらいたいです。





このページのトップヘ