同志社大学ラグビー部 ファンブログ

タグ:青木大峻






大阪体育大学C戦は64-19と大差をつけて大勝しています。

しかし、失点も19点とディフェンスに課題の残る試合となっています。

試合はNO8秦旭宏選手のトライを皮切りに、WTB井上、FB森島、PR田中遼一朗選手がトライをあげ、前半を33-14で折り返します。

後半はBチームだけでなくAチーム入りも期待されるCTB阿部亮介選手がトライをあげ40-14とリードを広げます。
結局その後もLO野中将伍、WTB佐藤一樹選手などがトライをとるなど、同志社が64得点をあげて勝利を収めました。

1年目の元高校日本代表PR黒澤選手も後半開始から登場しています。期待の大器ですが、大学でのスクラムに苦戦し、シーズン序盤はDチームからのスタートでした。徐々にスクラムにも対応してきているようです。

その他SO芳森大輔、青木大峻、LO野中将伍、NO8秦旭宏選手も1年目ながら存在感を示しています。来季以降、BチームもしくはAチームでの活躍に期待です。

次戦B、Cチームは摂南大学が相手となります。摂南Aは外国人選手の突破が脅威となっている不気味な存在のチームですが、Bチームとの実力は大きいようです。
しっかりと勝利をあげて、今後に弾みをつけてほしいですね。










1・2回生主体の大阪ガス戦はトライの奪い合いとなりましたが、49-31で勝利をあげています。

青木選手のトライを皮切りに、加藤、安藤選手などもトライをあげています。後半は一時逆転されますが、康哲訓選手のトライで逆転、最後は山本選手のダメ押しで49得点をあげました。

今季の新入生SOでは芳森大輔選手に注目していましたが、青木大峻選手もなかなかの好プレーヤーです。
茗渓学園高校では2年生から高校日本代表候補のSH福田選手とコンビを組んでレギュラーの座をすでにつかんでいました。
170センチと上背がないのでSHの適性もあるのかなと思ったりしていましたが、SOでの堅実なプレーぶりを考えるとやはりゲームメーカーとしての適性が高いのでしょう。

期待の芳森選手は怪我のためか、現在試合から遠ざかっていますがこのポジションに2人の有望選手がいることは何とも頼もしい限りです。

次週6月7日はいよいよ明治大学戦です。大学屈指の才能集団明治は今季もちぐはぐな戦いをしています。
明治は今季も眠れる獅子のままなのでしょうか。

U20日本代表6名を遠征で欠いていますが、彼らを除いても元U20日本代表や高校日本代表などを数多く擁しており、影響はほとんどないと考えてよいでしょう。

30点以上の大差をつけて勝利を期待したい試合です。





このページのトップヘ