同志社大学ラグビー部 ファンブログ

タグ:野中翔伍






大阪体育大学C戦は64-19と大差をつけて大勝しています。

しかし、失点も19点とディフェンスに課題の残る試合となっています。

試合はNO8秦旭宏選手のトライを皮切りに、WTB井上、FB森島、PR田中遼一朗選手がトライをあげ、前半を33-14で折り返します。

後半はBチームだけでなくAチーム入りも期待されるCTB阿部亮介選手がトライをあげ40-14とリードを広げます。
結局その後もLO野中将伍、WTB佐藤一樹選手などがトライをとるなど、同志社が64得点をあげて勝利を収めました。

1年目の元高校日本代表PR黒澤選手も後半開始から登場しています。期待の大器ですが、大学でのスクラムに苦戦し、シーズン序盤はDチームからのスタートでした。徐々にスクラムにも対応してきているようです。

その他SO芳森大輔、青木大峻、LO野中将伍、NO8秦旭宏選手も1年目ながら存在感を示しています。来季以降、BチームもしくはAチームでの活躍に期待です。

次戦B、Cチームは摂南大学が相手となります。摂南Aは外国人選手の突破が脅威となっている不気味な存在のチームですが、Bチームとの実力は大きいようです。
しっかりと勝利をあげて、今後に弾みをつけてほしいですね。










10月10日に行われる大阪体育大学Jr戦メンバーが発表されました。

1 趙
2 藤川
3 石橋

4 朴成脩
5 戎
6 津野森
7 山崎
8 高田

9 三木
10 永富健太郎
11 氏家
12 永富晨太郎
13 吉澤
14 髙野
15 光部

山﨑選手がHOではなくFLに入っています。おそらく今季のHOは東選手で固定するのだと思います。
トライセンスのあるインパクトプレーヤーとして山﨑選手をHO兼FLとして起用の幅を広げたいという意図が見て取れます。高校時代は主にNO8としてプレーしていたようなので、FLとしてのプレーは問題なさそうです。

朴選手は今後もLOとして起用する方針のようですが、早くもAリザーブ兼Bチームに定着しています。LOとし手はもう少し重量を増やす必要がありますが、今季成長著しい選手の1人で、今後活躍が大いに期待されます。

BKのフロントスリーは永富兄弟と吉澤選手です。
SO永富健太郎、CTB12永富健太郎選手はポジションを時折入れ替えながら攻撃を行ってみても面白そうです。

大体大は戦力的にはかなり厳しそうなので、同志社勝利はほぼ間違いないでしょう。B戦は同志社の攻撃パターンを試すいい機会になりそうです。

C戦は1年目HO平川、LO野中将伍、NO8秦旭宏、、SO芳森大輔選手が先発します。
リザーブにもPR黒澤、FL堀内、SH新谷、SO青木選手など他にも1年目選手が出場予定です。今季は新人選手の当たり年なのかもしれません。

2年目ではPR田中、SH鎧水、CTB12阿部亮介選手などが先発です。
田中選手は昨季ほとんど試合出場がなかったと思いますが、182センチと大型PRです。力量は未知数ですが、やや層の薄いPRを支える存在になってくれるかもしれません。

C戦も勝敗に関しては同志社有利で間違いないでしょう。

2戦をしっかりと勝利し、次週の立命館大学戦に備えてほしいところです。







このページのトップヘ