同志社大学ラグビー部 ファンブログ

タグ:秦旭宏







2017年5月21日に早稲田大学との定期戦が行われます。

メンバーです。

1 田中
2 平川
3 土田
4 徳田
5 服部
6 嶋崎
7 野中翔平
8 秦

9 原田
10 永富

11 鶴田
12 光部
13 山口
14 後藤
15 安田

16 奥田
17 木田
18 石橋
19 平澤
20 宮石
21 山田
22 古城
23 安藤

Aチームメンバーの有力候補で不在なのはLO堀部、FL丸山、NO8.倉本、SO芳森(以上慶応戦出場)、HO山﨑、CTB阿部亮介、WTB髙野選手あたりでしょうか。

堀部選手はU20日本代表合宿のためのようですが、丸山、倉本、芳森選手が不在なのは気になります。
山﨑、阿部、髙野選手も早期の復帰が待たれます。

さて、今回注目なのはおそらくAチーム先発が始めてのLO徳田選手です。
同志社には少ない大型選手として期待されていましたが、怪我が多かったのかこれまで試合出場はそれほど多くありませんでした。
4年目にしてようやくAチームのメンバー入りです。
堀部選手の穴を埋めるのは簡単ではありませんが、レギュラー争いに名乗りを上げてもらいたいです。

1年目から注目していたNO.8秦選手も先発です。
ラグビーセンスはお兄さんの秦啓介選手を上回っているのではないでしょうか。FWながらスペースを突くことに長け、前に出る強さもあります。
また、スピードもあることから期待しないわけにはいきません。
卒業した末永選手のように攻守にわたるキープレーヤーになってもらいたいですね。

永富選手はSOでの先発です。
SOでの永富選手も期待していましたが、ようやく実現です。
視野が広く、重要と思われる場面にはよく絡んでいます。パス、キック、ランとラグビーに必要とされるスキルは申し分ありません。
フィジカルも決して弱いということはないはずなのでもう少し強気のプレーでチームを牽引していけばBKの展開力がさらに広がるように思います。

今やチームのエースに成長したFB安田選手の活躍に比べるとやや物足りません。
また、SO安田、FB永富選手の布陣も面白そうです。

CTB12は光部選手が先発です。光部選手もレギュラーがとれそうでもう少しで届かない選手の1人です。
フィジカルが強く、キックにも安定感もあることからレギュラーを獲得していてもおかしくありません。CTBとFBは層が厚くレギュラー獲得は容易ではありませんが、早稲田戦では存在感を存分に発揮してもらいたいですね。

その他、SH原田選手の強気のプレーにも期待です。
安藤選手にも高いランニングスキルを見せてもらいたいです。

早稲田大学はU20日本代表合宿にSH、SO、WTB、CTBなど4名が選ばれており、バックスの主力が不在です。
早稲田はおそらく同志社同様FWがやや弱点で、BKの展開力で勝機を見出そうとしているチームです。
この点、鑑みると早稲田はBK戦力ダウンが大きいようにも思えます。

同志社にとっては負けるわけにはいかない相手です。

慶応戦ではディフェンスが課題でしたが、おそらくここはすぐには修正できないでしょう。
とにかく、早稲田よりも多く得点を重ねて勝利をあげてもらいたいですね。
































関西Aリーグも終盤に入り残すところ2試合となりました。
次の関西学院大学戦まで2週間あるので、今季のAチームメンバーの出場状況や今後のメンバー予想などもしていきたいと思います。

今回は同志社Aチームの布陣をシーズン開幕前の予想メンバーと比べてみます。

3月の予想メンバーです。

1 海士      (趙、土田)
2      
 (中尾、山崎)
3 才田    (石橋、黒澤
4 山田   
 (吉田)
5 森山      
(戎)
6 
末永     (中村)
7 野中    (秦弟
8 秦兄 
 (高田、倉本)
 

9 岩村     (大越、三木)
10 渡邉 (永富兄)

11 高野   
(氏家、木村)
12 永富弟 
(阿部)
13 林        (石田)
14 松井
15 安田     (崎口、小林、山口

※赤字は新人です。


11月1日の京都産業大学戦メンバーです。

1 海士
2 永田 (東)
3 石橋 (才田)
4 山田
5 森山
6 秦啓祐 (末永)
7 野中翔平
8 倉本

9 大越
10 渡邉

11 氏家 (安田
12 永富晨太郎 (石田?)
13 林
14 髙野 (松井)
15 崎口

16 藤川 (山崎)
17 趙
18 森田
19 戎
20 高田
21 岩村
22 永富健太郎
23 吉澤

※カッコ内は怪我などがなければ出場していると思われる選手です。

監督の起用方法は常に批判の対象になりますが、アスリートとして能力が髙いと思われる選手は概ね順当に起用しています。
山神監督は比較的保守的な起用を行っている印象がありますが、やはりオーソドックスなタイプの監督なのでしょう。

新人のPR黒澤、FL/NO8秦旭宏選手は少なくともBチームに名を連ねていると思っていましたが、現状ではCもしくはDチームです。大学生の強さと激しさにやや苦戦しているようですが、来季以降の活躍は十分に期待できるでしょう。

大型FBとして期待される山口選手はいまだに試合出場もなく、怪我からの回復に時間がかかっています。
シーズンも終盤になり今季の出場はなさそうですが、来季は大器の片鱗を見せてほしいですね。





このページのトップヘ