同志社大学ラグビー部 ファンブログ

タグ:渡邉夏燦






摂南大学戦のメンバーを個人的な期待を込めて予想してみます。

1 海士
2 中尾
3 才田

4 山田有樹
5 森山
6 野中翔平
7 秦啓祐
8 倉本

9 岩村
10 渡邉

11 氏家
12 永富晨太郎
13 永富健太郎
14 髙野
15 安田

16 山﨑
17 趙
18 石橋
19 朴
20 大越
21 石田
22 林
23 崎口


※東、末永、小林健太郎選手は出場可能であれば先発もしくはリザーブに入る可能性は高いと思いますが、一応欠場することを想定しています。

FWに関しては大幅な変更をする必要はないと思いますが、HOは運動量が豊富で馬力のある中尾選手の奮起に期待したいです。

ハーフ陣の先発は安定したプレーが期待できるSH岩村選手とスキルの高い攻撃的SO渡邉選手でしょうか。
CTB12はパス、キック、ランともに高いレベルの永富晨太郎選手、CTB13にはフィジカルが強く、突破も期待できる永富健太郎選手のプレーを見てみたいです。
WTB11には決定力のある氏家選手とスピードがあり永富晨太郎選手との連携も申し分ない高野選手。
FBにはカウンターからのゲインも期待できる安田選手。

岩村、渡邉選手が交代後のコンバージョンキックに不安が残りますが、来季以降を見据えて永富晨太郎、もしくは安田選手に任せてもらいたいところです。

リザーブには運動量が豊富でトライも狙える山﨑、朴選手、テンポアップのための大越選手、縦に強くインパクトプレーヤーとしては申し分ない石田、林選手、そして地味ながらも正確なタックルに定評のある安定感抜群の崎口選手を並べてみました。

FWはともかく、BK陣はこのメンバーになる可能性はほぼないといっていいでしょう。
しかし、システム変更が現実的ではない以上、新たな選手を試さなければ今季の同志社が大きく変わることはあまり期待できません。

実際は先日の立命館大学戦とほぼ同じメンバーになると思います。
しかし、才能豊かな選手が多いだけにいろいろな選手を試して飛躍の契機としてもらいたいです。










現Aチームの主将である才田選手の他、高校時代の元主将をあげてみます。
(おそらく正しいと思いますが、もしかしたら誤りがあるかもしれません。その際はどうかご勘弁を。)

才田 

山田 
秦啓祐
大越
氏家
永富健太郎

小林健太郎

野中


主将ともなれば個人よりもチームプレーを優先させ、自制的なプレースタイルとなることが多いのではないでしょうか。
もちろん主将といえど闘志あふれる激情家から冷静沈着なタイプまで幅広いタイプに分けられます。
しかし同志社には上記の(元)主将のみならず、規律に忠実で自制的な選手が多いように思います。
プレー中に感情をあらわにし、率先してチームを鼓舞しているのは秦選手くらいではないでしょうか。

このあたりが不測の事態に対応が後手に回り、接戦に弱い理由があるように思えてしまいます。
システムを忠実に実践しようとするがゆえに、どこかプレーが窮屈になり、実力を十分に発揮できないのかもしれません。

・渡邉選手の起用に関して
1年目からAチームでプレーし、今季は正SOとして起用されている渡邉選手がもう一つチームとフィットできないのもそこにありそうです。
渡邉選手といえば、ニュージーランド仕込みの創造性あふれるプレースタイルが特徴でパス、キック共に高いスキルを持っています。
広い視野をもっておりスペースへのキックは彼の特徴の一つといっていいでしょう。
果敢にスペースを突くキックを蹴ることでチャンスが広がる可能性はありますが、相手ボールなればカウンターから一転ピンチに落ちる可能性は常にあります。
渡邉選手は比較的キックを用いることの多い選手なのでそのあたりの対応がそろそろできてもいいと思うのですが、今だに合わないことが多いように感じます。
連携が上手くいっていない証拠ですが、これも想定外の事態に瞬時に対応できない同志社の特徴といえそうです。

期待の大きかった渡邉選手がもう一つチームとかみ合わ無いまま4年目をむかえています。伸び悩んでいる原因は本人にあるのか、チームにあるのか、もしくはその両方になのか、もしくは他にあるのか、ちょっと判断しかねます。
渡邉選手はいわゆるオーソドックスなSOではないため、起用するのであれば彼のプレースタイルに合わせたチームを作り上げる必要があります。
チームが彼にフィットしないのであれば早めに彼を先発から外すことも考慮する必要があります。昨年、一昨年のように最終盤になってSOを変えるようなことを今年は避けてもらいたいものです。

・山神監督の傾向
選手の生真面目な特徴を助長しているのが他でもない監督ではないでしょうか。
山神監督の選手起用は比較的保守的で就任当初からメンバーを固定して起用する傾向にあります。
これは試合にもいえることで、戦術的な選手交代もそれほど積極的ではありません。
攻撃や防御のリズムが悪くても我慢強く?試合を見守っています。

また選手にもボールを一つ一つつないでいくというような丁寧で確実なプレーを要求しているようです。
しかし、その割にノックオンなどの単純なミスが目につきます。
このあたりの決め事もミスを誘発しているような気がするのは考えすぎでしょうか。
確実なプレーをしようとするとかえって伸び伸びとした思い切りの良いプレーがなくなっているのかもしれません。

次節の摂南大学戦もこれまでのメンバーを大幅に変更することはちょっと考えられません。
そうであれば、これまでのシステムをより精緻に遂行し、攻撃と防御のクオリティを高めるほかないでしょう。

メンバー変更なくしてチームが劇的に変わるとは思えません。

しかし変更することでもたらされるであろうリスクと変更しない事でもたらされうるリスクのどちらを選ぶかといえば、変更しないリスクを選択することはこれまでの傾向から見れば明らかです。

公式戦も中盤に入り、これまでのシステムを変更することは現実的ではありません。
しかし、同じような方針のもとでプレーしているはずの選手を新たに起用することは可能です。
システムの再構築はメンバー変更をしつつ、行っていくことが賢明な判断なのではないでしょうか。

今季の見通しも暗雲が立ち込めつつあります。
せめて選手起用では守りに入ることなく、攻めの起用を推進してほしいものです。

摂南大学戦のこれまでと違ったメンバーになることに微かな期待を寄せています。





このページのトップヘ