同志社大学ラグビー部 ファンブログ

タグ:氏家柊太






11月1日に行われる京都産業大学戦のメンバーを再び個人的な期待を込めて予想してみます。

1 海士
2 山崎
3 才田

4 山田有樹
5 森山
6 秦啓祐
7 野中翔平
8 倉本

9 岩村
10 渡邉

11 氏家
12 永富晨太郎
13 高井
14 髙野
15 光部

16 中尾(藤川)
17 趙
18 石橋
19 戎(朴成脩)
20 高田
21 大越
22 永富健太郎
23 崎口

※末永、石田、林、安田、小林健太郎選手は欠場予想です。

FWに関しては前節摂南戦のメンバーが現時点ではベストだと思います。
HOに運動量も多く、キレのある動きでトライを狙える山﨑選手が入ったことでFWに躍動感が生れたのではないでしょうか。
その他、夏合宿の東海戦以降Aチームを外れているHO中尾選手の奮起にも期待しています。
しばらくBチームで調整を続けるかもしれませんが選手としてのポテンシャルは申し分ないはずです。
来季につなげるためにも早めにAチームに復帰してもらいたい選手の1人です。

FL秦、野中、NO8倉本選手の陣容もサマになってきました。
NO8倉本選手の縦への突進はアタックの形として機能してきています。今後マークがきつくなる可能性もありますが、予想されていても前に出ることのできる選手になっていってもらいたいです。

秦、野中両選手も毎試合安定したパフォーマンスを発揮していると思いますが、この2人のポテンシャルはこんなものではないと思います。
彼らに求められているのは単にブレークダウンで競り負けないだけでなく、前に出る強さも求められています。
さらなる成長に期待です。

ハーフ陣はSH岩村、SO渡邉選手のコンビ、CTB12は永富晨太郎、CTB13は高井選手でしょうか。

高井選手は今季Bチーム中心に出場しており、公式戦の出場はまだありません。
これまでSO、CTB12での起用が多かったですがJr戦のここ2試合はCTB13での出場です。
170センチと小柄ながら自ら仕掛けることも多い選手で、積極果敢に攻め込む強気のプレースタイルは同志社では珍しいタイプといってよさそうです。
CTB13は強くて大きい選手が理想なのでしょうが、スピードがありテクニックに優れる高井選手がここに入っても面白そうです。
タイプ的に重なるとはいいがたいですが、スピードがあり細身ながらラインブレークが期待できる日本代表の松島選手のようなプレーを期待しているのかもしれません。
おそらく高井選手も出場したくてうずうずしているのではないでしょうか。石田、林両選手が欠場となればチャンスが回ってくる可能性も十分あります。

FBは光部選手に期待です。
今季のレギュラー崎口選手の持ち味は精度の高いタックルです。最後尾を守るFBとして安定したディフェンス力があり、タックルに甘い印象があるBK陣の中でも際立っています。
しかし、攻撃面ではもう一つ存在感に欠けています。ライン参加して攻撃を仕掛けることはあっても、フィニッシャーとしてトライを取り切るシーンはこれまでほとんどなかったように思います。
そもそもその役割を求められていないといえばそうなのかもしれませんが、FBとしてはもう一段レベルアップが必要なように思います。
光部選手は崎口選手にはない前に出る強さの他に、パス、キックもバランスが取れている選手です。崎口選手はやや伸び悩んでいる印象があるので、光部選手と切磋琢磨しながら、さらなる高みを目指してもらいたいです。

京産戦では新たな同志社BKの可能性を見せてくれることに期待しています。










10月の第2週にAチームの試合の予定はなく、B、Cチームの2試合が行われました。

今季のBチームは例年にないほど高いレベルになっているのではないでしょうか。
特にBKはもう一つのAチームといっていいような布陣で臨むことができています。

FWではLO朴成脩、FL山﨑選手が着実に実力をつけてきています。
もともと身体能力の髙い万能アスリートタイプの選手なのでしょう。そう考えると活躍は自明のものいえそうですが、レギュラー奪取にははもう少しフィジカルを鍛える必要があると思います。

この日の試合でもそれぞれトライをあげています。

PR土田選手も徐々に力をつけてきている印象です。同学年の石橋選手を脅かす選手になってくればこのポジションのレベルももう一段上がってきそうです。PRながらトライをとることも比較的多い選手です。スペースを突く器用さをもっているのかもしれません。

NO8高田選手も2トライを気を吐いています。

BKでは相変わらずWTB氏家選手が決定力の髙さを示しています。前半だけで3つのトライをあげるなどトライセンスは抜群です。
氏家選手は高校時代SOをつとめていました。
大学では1年目からWTBですが、SOやCTB12などゲームメイクを担うポジションに入ることはないのでしょうか。3年目の後半にいまさらコンバートは考えにくいですが、ウィングを経験した後再びゲームメイクをすればまた違った動きでチームに貢献できるような気がします。
まあ、ありませんね。

結果は78-5で大勝しています。ゲームメイクを担ったSO永富健太郎、CTB12永富晨太郎選手のコンビも機能していたのではないでしょうか。
この2人にCTB13に石田選手を加えたフロントスリーを形成してもなかなか魅力的な攻撃が見られそうです。

BチームにはAチームで長い時間プレーをさせてほしい選手がたくさんいます。

来週の立命戦は少しメンバーを入れ替えても面白いかもしれません。










このページのトップヘ