同志社大学ラグビー部 ファンブログ

タグ:朴成脩






今季Aチームデビューした2年目LO/FL朴成脩選手も今季成長した選手の一人です。

188センチ92キロの大型選手ですが、まだ身体を大きくする余地があります。
大阪朝鮮高時代はレギュラーではなく、後半からの出場が多かった選手です。
しかし、アスリートとしての能力が高いことは間違いなさそうです。

昨季は怪我のため試合出場がありませんでしたが(おそらく)、豊富な運動量とBK並みの走力が評価されAチームに抜擢されたのでしょう。
ただ、もともと細身でスマートな体型のため、現状ではフィジカルに課題がありそうです。
Aチーム定着にはもう少し時間が必要だと思います。

機動力を考えるとFLとして常にボールに絡み、ブレークダウンでのファイトを期待したいですが、長身選手が少ないためLOへの転向はやむを得ないのかもしれません。
LOはスクラムでの役割も重要になってくるため、体重もさらに増やす必要があるでしょう。
100キロくらいは欲しいところですが、それにより運動量が落ちてしまっては本末転倒です。時間をかけじっくりと増やしていく必要がありそうです。

関西Aリーグ初戦の近大戦と続く関大戦でリザーブ入りしていますが、その後は外れています。
立命館戦以降のリザーブには目下のライバル戎選手が入っています。
今季のAチーム出場は不透明な状況ですが、、森山選手の抜ける来季は、戎選手と正LOを争う可能性が高いでしょう。

走力のあるLOとして期待は膨らむばかりです。










10月24日に行われる関西学院との3試合のメンバーが発表されました。

Jr戦のハーフ陣はSH岩村、SO永富健太郎選手です。今季の岩村選手は渡邉選手とハーフを組むことが多かったですが永富健太郎選手との大型コンビもなかなか面白そうです。

CTBは阿部亮介、高井選手、WTBは佐藤、吉澤選手です。小柄な選手が多いですがスピード感あふれる展開を見せてくれそうです。

FWでは1年目のFL平田選手が先発です。早くもBチームに定着しつつあります。強い選手の1人なので今後が楽しみです。
またLO朴成脩選手もBチーム以上に定着しています。
朴選手はこのままLOで起用するのでしょうか。運動量も豊富で走力もあるのでBKで起用しても面白い存在になりそうです。

関学は昨年からFWも小さくなり、選手層も薄くなっています。3試合とも負けることはないと思いますが、とにかく怪我には十分注意してもらいたいですね。





このページのトップヘ