同志社大学ラグビー部 ファンブログ

タグ:才田智






関西Aリーグ第5節、京都産業大学戦のメンバーが発表されました。

1 海士
2 永田
3 石橋

4 山田有樹
5 森山
6 秦啓祐
7 野中翔平
8 倉本

9 大越
10 渡邉

11 氏家
12 永富晨太郎
13 林
14 髙野
15 崎口

16 藤川
17 趙
18 森田
19 戎
20 高田
21 岩村
22 永富健太郎
23 吉澤


主将のPR才田、HO山﨑、CTB石田選手は欠場です。
スクラムの要、才田選手の欠場は痛いでしょうが、今後も常に出場できるとは限りませんし、今季で卒業します。
PR候補を見極めるにはよい試合になりそうです。

PR3には今シーズンからリザーブを務めている2年目の石橋選手が入りました。石橋選手も才田選手と同じ東福岡出身です。昨シーズンは怪我のためか、シーズン後半から試合出場でしたが、今季は春からしっかりと試合出場を続けています。

肩幅も広くPR然としていますが、意外にも体重がそれほど増えていません。
もともと走力もあり、ボール捌きもいい選手です。高校時代はラインアウトのボールを軽やかに投げ込んでいました。
フィールドプレーを重視し、あえて体重を増やしていないのかもしれませんが、PR3としてはもう少し体重がほしいところです。

前回3トライと大活躍したHO山崎選手は欠場です。リザーブにも名前がないことからおそらくどこか怪我をしたのでしょう。大事でないことを祈ります。

HOには3年目の永田選手が入っています。期待を寄せている中尾選手がリザーブにも入っていないことは寂しい限りですが、永田選手のプレーにも期待です。

CTB12は2試合連続で永富晨太郎選手が先発です。
彼はCTB12だけでなくSOやFBも試す価値は十分あると思いますが、当面はCTB12としてプレーの質を高めてほしいところです。

CTB13には林選手が復帰します。永富選手との連携が林選手の新たな一面を見せてくれるかもしれません。
また、この試合ではゲームキャプテンも務めることになっており、彼のキャプテンシーも見どころの一つでしょう。

WTB11は氏家、WTB14は高野、FBは崎口選手です。高い決定力を持つ氏家選手も前回はトライがありませんでした。
今回は永富選手からのロングパスで一気にトライを取るといったシーンが見られるかもしれません。決定力の髙さを見せつけてほしいです。

FBは崎口選手です。
ディフェンスの安定感を考えるとやはり崎口選手をおいて他にいないのでしょう。相手を正確に捉えるハードタックルは昨季主将田淵選手(現近鉄)を彷彿とさせてくれます。
身体能力が高く、動体視力もいいのでしょう。
ただ、直向で激しいディフェンスとは裏腹に攻撃面ではどこか遠慮しているようにも見えます。控えめな性格なのかもしれませんが、もう少し貪欲にアタックを仕掛けてもいいような気がします。

京産戦では積極的にトライを狙いに行く崎口選手を見せてもらいたいです。

今季の同志社が京産に敗れることはないと思いますが、やはり京産は不気味な存在です。選手層が薄く、ここ数年は毎年のように夏頃までは芳しい成績を残せていません。
しかし、シーズンが深まるにつれ着実に力をあげ、結果も残しています。

それでも、順当にいけば50点以上の大差で勝つことになると思います。
試合内容だけでなく、得点でも圧倒しての勝利を期待です。











・才田智
PR3は2年目から不動のレギュラーとして活躍する才田智選手をおいて他に見当たりません。
関西リーグ最終戦の立命館との試合中に右ひじを脱臼するというアクシデントに見舞われましたが、その後大学選手権早稲田戦では志願の先発復帰。敗れはしたものの僅差の敗戦で同志社のポテンシャルが高いことを証明した試合となりました。
早稲田戦の善戦は才田選手の奮闘が大きく寄与していることでしょう。

来季はキャプテンとしてチームを牽引していくことも求められます。
同志社ラグビー復活の象徴として勝利に導いてほしいです。

その他、PR1の候補でもある趙、石橋、土田選手に加え、新加入の黒澤桂選手もリザーブに加わってくるかもしれません。

このポジションは、スクラムを支えるための重さも要求されます。
185センチ、120キロくらいの体格が理想ですが、そういった選手はなかなかいませんが、その理想に使い選手が来季加入します。
黒澤選手は高校日本代表にも選ばれている逸材です。身長186センチと長身と大型PRとしての活躍が期待されます。順調に成長していけば将来の日本代表に名を連ねるかもしれません。

長身ということもあり100キロを超える巨漢ながらPR特有の重々しさはありません。軽やかにロングパスを投げる場面もあるなど、パススキルも高そうです。
体重を100キロ程度に絞ればフィットネスが向上するでしょうから、LOもしくはFLとしても活躍できるかもしれません。

さらに、森田恭平選手、木原龍之介選手、田中遼一朗選手にも頑張ってもらいたいですね。

スクラムは全国でも有数の強さを誇っていたはずですが、アングル違反を警戒してかどこか遠慮して組んでいる印象がありました。

来季は反則を取られないようにしっかりと対策を練って、全国でも屈指のスクラムを見せてもらいたいところです。





このページのトップヘ