同志社大学ラグビー部 ファンブログ

タグ:安田卓平







2017年5月4日(木)、同志社大学対慶應義塾大学の100回目の定期戦を迎えます。

この記念すべき100試合目の試合会場はラグビーの聖地、秩父宮競技場です。

今回は定期戦に先立ち、小学校、OB戦もあります。
楽しみな定期戦になりそうです。

さて、メンバーです。

1 田中翔
2 平川
3 土田
4 堀部
5 服部
6 丸山
7 野中翔平
8 倉本

9 原田
10 芳森

11 鶴田
12 永富
13 山口
14 後藤
15 安田卓平

16 奥田
17 中村
18 石橋
19 嶋崎
20 秦
21 山田
22 古城
23 光部

2年目の東福岡高校出身の服部選手がLOとして先発します。高校時代は、HO、LO、NO8など複数のポジションをこなし、高校日本代表ではPRとしても活躍していました。

大学では一応HOのポジションだったようですが、今回はLOとしてチームを支えてくれます。
昨シーズンはおそらく怪我からのリハビリでほぼ試合出場がなかったと思いますが、今期はシーズン通して活躍が期待されます。


もう一方のLOは1年目からレギュラーとして活躍した堀部選手です。細身ながら積極的にボールに絡み、攻守に重要な働きをしていました。今期は体重も少し増えていますが、100キロを目指して体を大きくしていってもらいたいですね。

PRは田中翔、土田選手、HOは平川選手です。
現トップリーガーの北川、才田選手を要した時代からは大きさ、力強さはやや見劣りしてしまいますが、第一列はスクラムの要です。圧倒できないまでも、何とか踏ん張るスクラムを見せてほしいです。

FLは丸山、野中翔平選手、NO8は倉本選手です。
これらの選手は下級生のころからAチームに出ていました。今季は早くも最終シーズンです。ブレークダウンでの活躍に期待です。

SH原田選手、SOは芳森選手です。
いずれもU17高校日本代表の中心メンバーとして活躍していました。今季はその高いポテンシャルを大いに発揮してもらいたいです。

原田選手はSHながら強気の突破で果敢にチャンスメイクをする攻撃的なプレーが持ち味です。同じく攻撃的なSO芳森選手とのゲームメイクが楽しみです。

また、修猷館高校の先輩で、大学では同期のSO古城選手はリザーブに入っています。息のあったプレーも見られるかもしれません。

CTBは永富、山口選手です。大器の呼び声高い永富選手もはや3年目。パス、キック、ランとすべてに高いスキルを持つ選手ですが、その高いポテンシャルを考えるとまだその能力を発揮できていないようにも感じます。
将来日本代表を狙える逸材だと思っています。今季はその才能を遺憾なく発揮するシーズンにしてもらいたいです。

CTB13は昨季WTBを務める事の多かった山口選手です。
体格は183センチ95キロとすでにトップリーガー級です。フィジカルを活かした力強い突破を快速を見せ付けてほしいですね。

WTBは鶴田、後藤選手。
鶴田選手は日川高校時代から注目していた選手です。迷いのない直線的なランと瞬間的なスピードは大学でもトップクラスだと思います。
大学では3年目から頭角を現し、セブンズ代表としても活躍しました。
今季はそのポテンシャルの高さを15人制でも示してくれそうです。

後藤選手はおそらく4年目で始めてのAチーム先発です。
セブンズでの活躍がAチーム先発につながったのでしょう。WTBは高野、内田選手と他にも有力な選手がおり、熾烈なレギュラー争いとなりそうですが、後藤選手にも頑張ってもらいたいですね。

FBは安田選手です。
昨シーズンはバックスのエースとして活躍のみならず、日本代表にも選出されるなど大いに飛躍した年となりました。今季もチームのキープレーヤーとし大車輪の活躍を見せてくれるでしょう。

リザーブには長く怪我に苦しんでいるPR石橋選手やFL秦選手も名前を連ねています。おそらくリザーブ人にも出場の機会が与えられると思います。

しっかりと存在感を示してもらいたいですね。

100周年目の記念大会。

勝利で今季の初戦をむかえられることを期待しています。











2017年1月2日、ラグビーの大学選手権準決勝で同志社大学は東海大学とん対戦しました。

同志社の準決勝進出はじつに19年ぶりと同志社ファンにとんってはまさに悲願のベスト4進出です。

結果は12-74と実力の差を見せつけられての大敗です。結果は残念ですが、今回の結果をぜひ来シーズンにもつなげてもらいたいものです。

試合は序盤から東海大学ペースで進められました。
前半11分までに3つのトライを決められ0-21と大きくリードを奪われます。しかし、16分にFB崎口選手がトライを取ると、16分には安田卓平選手が巧みなプレーを見せトライ。12-21と詰め寄ります。

しかし、同志社の反撃もここまで、その後は終始東海ペースとなり、前半を12-40で折り返します。
後半に入っても東海のペースが衰えることもなくトライを重ねていきます。

同志社も維持の反撃を何度も見せますがトライには至らず、結局そのままノーサイド。
接戦を期待しましたが、東海のフィジカルに圧倒され、12-74での敗戦です。

同志社の選手のポテンシャルは決して低くはありません。
PR海士、HO中尾、LO山田、NO8末永、秦啓介、SH大越、SO永富健太郎、WTB松井、FB崎口、小林健太郎などトップリーグでもその活躍を見てみたい選手が4年目の選手が複数います。

しかし、東海の選手は同志社の才能を凌駕する圧倒的なフィジカルの強さがありました。
少し大げさかもしれませんが、高校生と大学生くらいの体格差があるようにも思えます。
ラグビーはなんといっても体の大きさと強さが基本です。

強さの源泉であるこれらの要素が圧倒的に劣っていれば、それを翻すことは容易ではありません。

同志社と天理はフィジカルの差をスピードとゲームメイク、フィットネスで何とか埋めようとしていましたが、基礎力の差が大きすぎたのでしょう。

小よく大を制すにも限界があります。

同志社が大学選手権優勝を狙うなら、FWに外国人選手を入れるなどチーム戦略を根本的に考え直さなければならない時期にきていると思います。

今のチーム体制を続けることも、一つの選択肢ですが、やはり優勝する姿も見てみたいです。
このままでは帝京、東海に勝つ可能性は極めて低いでしょうし、今後その差がさらに開いてしまうように思えてなりません。

ともあれ、今後も同志社ラグビー部を応援し続けることは間違いありません。

来季の飛躍に期待です。







このページのトップヘ