同志社大学ラグビー部 ファンブログ

タグ:中尾湧馬







2017年1月2日、ラグビーの大学選手権準決勝で同志社大学は東海大学とん対戦しました。

同志社の準決勝進出はじつに19年ぶりと同志社ファンにとんってはまさに悲願のベスト4進出です。

結果は12-74と実力の差を見せつけられての大敗です。結果は残念ですが、今回の結果をぜひ来シーズンにもつなげてもらいたいものです。

試合は序盤から東海大学ペースで進められました。
前半11分までに3つのトライを決められ0-21と大きくリードを奪われます。しかし、16分にFB崎口選手がトライを取ると、16分には安田卓平選手が巧みなプレーを見せトライ。12-21と詰め寄ります。

しかし、同志社の反撃もここまで、その後は終始東海ペースとなり、前半を12-40で折り返します。
後半に入っても東海のペースが衰えることもなくトライを重ねていきます。

同志社も維持の反撃を何度も見せますがトライには至らず、結局そのままノーサイド。
接戦を期待しましたが、東海のフィジカルに圧倒され、12-74での敗戦です。

同志社の選手のポテンシャルは決して低くはありません。
PR海士、HO中尾、LO山田、NO8末永、秦啓介、SH大越、SO永富健太郎、WTB松井、FB崎口、小林健太郎などトップリーグでもその活躍を見てみたい選手が4年目の選手が複数います。

しかし、東海の選手は同志社の才能を凌駕する圧倒的なフィジカルの強さがありました。
少し大げさかもしれませんが、高校生と大学生くらいの体格差があるようにも思えます。
ラグビーはなんといっても体の大きさと強さが基本です。

強さの源泉であるこれらの要素が圧倒的に劣っていれば、それを翻すことは容易ではありません。

同志社と天理はフィジカルの差をスピードとゲームメイク、フィットネスで何とか埋めようとしていましたが、基礎力の差が大きすぎたのでしょう。

小よく大を制すにも限界があります。

同志社が大学選手権優勝を狙うなら、FWに外国人選手を入れるなどチーム戦略を根本的に考え直さなければならない時期にきていると思います。

今のチーム体制を続けることも、一つの選択肢ですが、やはり優勝する姿も見てみたいです。
このままでは帝京、東海に勝つ可能性は極めて低いでしょうし、今後その差がさらに開いてしまうように思えてなりません。

ともあれ、今後も同志社ラグビー部を応援し続けることは間違いありません。

来季の飛躍に期待です。












摂南大学戦のメンバーを個人的な期待を込めて予想してみます。

1 海士
2 中尾
3 才田

4 山田有樹
5 森山
6 野中翔平
7 秦啓祐
8 倉本

9 岩村
10 渡邉

11 氏家
12 永富晨太郎
13 永富健太郎
14 髙野
15 安田

16 山﨑
17 趙
18 石橋
19 朴
20 大越
21 石田
22 林
23 崎口


※東、末永、小林健太郎選手は出場可能であれば先発もしくはリザーブに入る可能性は高いと思いますが、一応欠場することを想定しています。

FWに関しては大幅な変更をする必要はないと思いますが、HOは運動量が豊富で馬力のある中尾選手の奮起に期待したいです。

ハーフ陣の先発は安定したプレーが期待できるSH岩村選手とスキルの高い攻撃的SO渡邉選手でしょうか。
CTB12はパス、キック、ランともに高いレベルの永富晨太郎選手、CTB13にはフィジカルが強く、突破も期待できる永富健太郎選手のプレーを見てみたいです。
WTB11には決定力のある氏家選手とスピードがあり永富晨太郎選手との連携も申し分ない高野選手。
FBにはカウンターからのゲインも期待できる安田選手。

岩村、渡邉選手が交代後のコンバージョンキックに不安が残りますが、来季以降を見据えて永富晨太郎、もしくは安田選手に任せてもらいたいところです。

リザーブには運動量が豊富でトライも狙える山﨑、朴選手、テンポアップのための大越選手、縦に強くインパクトプレーヤーとしては申し分ない石田、林選手、そして地味ながらも正確なタックルに定評のある安定感抜群の崎口選手を並べてみました。

FWはともかく、BK陣はこのメンバーになる可能性はほぼないといっていいでしょう。
しかし、システム変更が現実的ではない以上、新たな選手を試さなければ今季の同志社が大きく変わることはあまり期待できません。

実際は先日の立命館大学戦とほぼ同じメンバーになると思います。
しかし、才能豊かな選手が多いだけにいろいろな選手を試して飛躍の契機としてもらいたいです。





このページのトップヘ