同志社大学ラグビー部 ファンブログ

カテゴリ:2015年シーズン > 2015年度メンバー予想






2015年関西Aリーグ最終節、天理大学戦メンバーが発表されました。

1 海士
2 東
3 才田
4 山田
5 森山
6 丸山
7 野中翔平
8 秦啓祐

9 大越
10 渡邉

11 氏家
12 永富晨太郎
13 林
14 松井
15 崎口

16 山﨑
17 趙
18 石橋
19 戎
20 倉本
21 岩村
22 永富健太郎
23 吉澤


HO東選手は先発復帰、FL丸山選手は公式戦初先発です。ここ数試合NO8として先発出場していた倉本選手はリザーブに下がりました。
丸山選手の起用は天理の機動力と運動量を意識した布陣でしょうか。

HOは前に出る強さのある東選手とFW陣では抜群のトライセンスを持つ山﨑選手、どちらにするか難しい選択だったかもしれませんが、怪我から復帰した東選手の奮起に期待しているのでしょう。

WTB11は氏家選手です。ここまで先発を何度かつとめていた安田、高野選手は外れています。
安田選手は怪我からの復帰が間もないことを考慮して外されたのかもしれません。
高野選手はリザーブにも入っていませんが、永富選手との連携を考えるとちょっともったいない気がします。

LOのリザーブは今回は戎選手で、朴選手は外れています。天理の素早いパス回しなどを考えると運動量が多く、機敏な動きの朴選手がよりフィットするように思いますが、戎選手の強さを優先したのでしょうか。

今季開幕前、優勝候補筆頭は同志社、それを僅差で追う天理という構図だったと思います。
しかし同志社は初戦の近大戦によもやの敗戦。一方の天理も関大にロスタイムに入るまでリードされるなど負けていてもおかしくない試合でした。

その後の同志社は6連勝と何とか立て直していますが決して盤石の戦いではありません。

一方の天理もフィールドを大きく使い、80分間走り続けるランニングラグビーをしていますが、まだ発展途上という段階です。試合内容も同志社同様多くの課題を抱えています。

現状では天理がやや有利との予想が多いかもしれませんが、実際はほとんど力の差はないと思います。
選手のポテンシャルでは同志社が上回っていますし、同志社にも勝機は十分あります。

天理戦に勝ては8シーズンぶりの関西Aリーグ優勝です。
まずは、関西リーグを制して強い同志社の復活元年としてもらいたいですね。
















関西Aリーグも終盤に入り残すところ2試合となりました。
次の関西学院大学戦まで2週間あるので、今季のAチームメンバーの出場状況や今後のメンバー予想などもしていきたいと思います。

今回は同志社Aチームの布陣をシーズン開幕前の予想メンバーと比べてみます。

3月の予想メンバーです。

1 海士      (趙、土田)
2      
 (中尾、山崎)
3 才田    (石橋、黒澤
4 山田   
 (吉田)
5 森山      
(戎)
6 
末永     (中村)
7 野中    (秦弟
8 秦兄 
 (高田、倉本)
 

9 岩村     (大越、三木)
10 渡邉 (永富兄)

11 高野   
(氏家、木村)
12 永富弟 
(阿部)
13 林        (石田)
14 松井
15 安田     (崎口、小林、山口

※赤字は新人です。


11月1日の京都産業大学戦メンバーです。

1 海士
2 永田 (東)
3 石橋 (才田)
4 山田
5 森山
6 秦啓祐 (末永)
7 野中翔平
8 倉本

9 大越
10 渡邉

11 氏家 (安田
12 永富晨太郎 (石田?)
13 林
14 髙野 (松井)
15 崎口

16 藤川 (山崎)
17 趙
18 森田
19 戎
20 高田
21 岩村
22 永富健太郎
23 吉澤

※カッコ内は怪我などがなければ出場していると思われる選手です。

監督の起用方法は常に批判の対象になりますが、アスリートとして能力が髙いと思われる選手は概ね順当に起用しています。
山神監督は比較的保守的な起用を行っている印象がありますが、やはりオーソドックスなタイプの監督なのでしょう。

新人のPR黒澤、FL/NO8秦旭宏選手は少なくともBチームに名を連ねていると思っていましたが、現状ではCもしくはDチームです。大学生の強さと激しさにやや苦戦しているようですが、来季以降の活躍は十分に期待できるでしょう。

大型FBとして期待される山口選手はいまだに試合出場もなく、怪我からの回復に時間がかかっています。
シーズンも終盤になり今季の出場はなさそうですが、来季は大器の片鱗を見せてほしいですね。





このページのトップヘ