同志社大学ラグビー部 ファンブログ

カテゴリ: 2014年シーズン






2014年関西リーグ、同志社対関西学院戦を見て、落胆した同志社ファンは多かったこと思います。

しかし、この敗戦後、同志社ラグビー部はやや上向きます。

関西リーグ、シーズン最終戦となる立命館大学戦では、初戦の天理大学戦で見せたような積極的に前に出るディフェスが機能します。

加えて、スクラムとラインアウトが安定します。

この試合でスクラムの要、才田が右ひじの脱臼により途中交代を余儀なくされますが、変わった海士も奮闘します。
スクラムはその後も優位に進めます。

ラインアウトも、関学戦に比べると格段に良くなっていました。
同志社EVEの休日期間を使って合宿を敢行、ラインアウトなどのサインプレーはすべて作り直したそうです。

そう、やればできるのです。
しっかりと対策を練れば効果が表れるのがラインアウトです。

結局この試合終盤スクラムによるペナルティトライなどで後半突き放しは27-19と勝利します。

わずか1週間の合宿で劇的に改善されたラインアウトです。
関学戦ではサインがことごとく読まれていたということですが、お互いの試合の視察状況でそのあたりは容易に推測できるはずです。

重要な一戦となる関学戦の前に、なぜラインアウトの再構築をしなかったのか疑問が残ります。
おそらくは練習メニューューのプライオリティが異なることのよることが原因かと思われますが、それもエクスキューズにすぎません。


・ラインアウトの重要性


直接得点ににつながる可能性の高いラインアウトをなぜ毎年軽視しているの理解に苦しみます。

繰り返し練習してきたアタックやディフェンスの練習時間をシーズン終盤にある程度削り、代わりにラインアウトのサインプレーの再確認の時間に回したとしても大きな問題にはならないはずです。
むしろセットプレーの質が上がり、得点の可能性が高まります。

毎年のように繰り返される稚拙なラインアウトに苛立ちを覚える同志社ラグビーファンは少なくないと思います。

ラインアウトなどのセットプレーやプレースキックの精度が関東の強豪チームとの差といわれて久しいですがなかなか改善の兆しをみせません。
プレースキックに関しては抜群の精度を誇る渡邉夏燦選手がいますが、関西Aリーグでの先発はわずか2試合とキック以外のプレーでは監督の信頼を得られていませんでした。

同志社が大学選手権で関東の強豪チームに接戦を演じても結局は敗れてしまうのは、このような一見小さいと思われるプレーの精度の違いによるものだと思います。

ラグビーは実力通りの結果になりやすスポーツです。
このことを鑑みれば、実力が接近している場合、セットプレーの精度が低い同志社は勝つ可能性が低いことを意味しています。

実際ここ数十年その通りの結果になっており、関東の強豪校に対し7点差以内の接戦ではすべて競り負けています。
本当に見事に競り負けています。

関東の強豪チームに7点差以内の接戦で勝利したのはなんと1988年(昭和63年)の早稲田戦23-17での勝利が最後です。それ以降はことごとく負け続けています。

ちなみに強豪とはいえない中央には1998年度に18-13で勝利していますし、今季も立命館には43-42で勝利しています。


◆1989年以降7点差以内の敗戦

1989年度 大東文化 17-19 ●

1992年度 関東学院 10-14 ●

1998年度 明治    15-18 ●

1999年度 慶応    19-25 ●

2002年度 帝京     24-26 ●

2003年度 早稲田    33-38 ●

2007年度 筑波     20-25 ●

2011年度 帝京    12-18 ●

2014年度 早稲田   17-18 ●



それにしても計ったように接戦に敗れています。
もはや伝統といっていいほどです。

これも、かつて3連覇を達成した時の自由奔放と形容される同志社のプレースタイルに起因しているように思えてなりません。

同志社のラグビーは自由奔放と形容されることがありますが、それもベースとなる基本プレーの高い精度が伴ってこそです。

この基本プレーを疎かにしているが故に、大学選手権優勝から何十年も遠ざかることはもちろん、接戦で負け続ける理由のような気がします。

次回は2014年度第51回大学選手権の同志社大学の成績を振り返ります。










同志社大学ラグビー部といえばかつて大学選手権で唯一の3連覇をした強豪チームとして長年その名を轟かせてきましたが近年は低迷、関西リーグでの優勝もままらなくなっています。

2014年シーズンは関西リーグの優勝候補筆頭の声も聞かれるなど復活の年になるかと思っていたオールドファンも多かったことと思います。

しかし、関西リーグでは5勝2敗の3位。優勝はおろか2位にも届かず不本意なシーズンとなっています。

同志社の関西リーグでの戦績です。

天理    30-19○
大阪体育  52-14○
近畿    46-38○
摂南    35-21○
京産    27-29●
関学    14-26●
立命    27-19○


関西リーグ初戦は天理大学に勝利し幸先の良いスタートを切りました。

天理は同志社と並ぶ優勝候補と考えられており、シーズン初戦にして事実上の優勝決定戦とも考える人もいたと思います。

この試合では同志社の前に出るディフェンスが功を奏し、天理に思うような攻撃をさせません。攻撃面でもハイパントを効果的に使ってエリアを獲得するなど攻守にわたって戦術がさえていました。

2013年シーズンはディフェンスをやや犠牲にしても攻撃を重視していましたが、2014年はディフェンスをかなり重視し、ディフェンシブなチームになっているように見えました。
少なくとも天理戦は。

しかし、それは錯覚だったことが次戦から明らかになります。

次戦大体大戦は、52-14とまずまずの戦いでしたが、近畿には46-38と一転大味な試合をしています。

ここで修正できれば、その後まだ期待できたかもしれませんが、摂南にも35-21とまたも大味な試合をします。

チーム力を考えるとまずい試合運びですし、最後は総合力で何とか乗り切ったというものです。
次の京産戦に不安を残しました。

京産戦ではその不安が的中し、多くの時間を京産に攻められます。
結果こそ、27-29と僅差での敗戦でしたが、京産の攻撃を何とか凌いでのものです。

続く関学戦も14-26と比較的接戦での敗戦ですが、内容的にはい完敗といっていいものでした。

おそらくこの試合を見た多くの同志社ラグビーファンは、大学選手権に出場しても期待できないと溜息をついたことでしょう。

私も関学戦で攻撃がほとんど機能しない試合運びを見て、落胆しました。
大学選手権でも関東のチームに大敗することが目に見えており、もはや今季のチームへ期待が風前の灯火でした。

この試合を見ていてストレスが溜まったのは、同志社の攻撃がなかなか通用しなかったことです。
SO垣内悠輔選手が怪我を抱え本調子ではなかったこともあるでしょうが、彼からのパスを読まれることが多く、ほとんどゲインできません。

後半はSH、SOを大越元気、高井勇貴に変えリズムが出てから少し改善されました。
しかし関学の精度の高いディフェンスに攻撃の多くは有効に機能しません。これは前後半を通じて共通しています。

・通用しなかったセットプレー

加えて、セットプレーは目も当てられません。

関西最強と思われていたスクラムではアングルのペナルティを気にしてか押すことができないばかりか、押される場面もありました。

ラインアウトはさらに酷いものでした。
マイボールはほとんどクリーンキャッチできず、乱れた末にスチールされるお粗末です。

相手ボールラインアウトでは競ることもできずに、クリーンキャッチをされるという体たらくです。

この試合に関しては勝つ要素を見出すことができず負けるべくした負けたというものでした。

同志社のラインアウトは例年乱れることが多いように感じますが、これはなぜなんでしょう?

ちょっと不思議です。

ラインアウトはスクラムと同様、時にはそれ以上に得点に絡む重要なセットプレーです。
スクラムに関しては、押せなくとも押されなければマイボールをキープすることができ、比較的マイボールキープ率の高いセットプレーです。

しかし、ラインアウトはそうではありません。
ボールをキャッチする選手に合わせられると、スチールされないまでも乱れることが多く、その後の攻撃がスムーズにいきません。

もちろん、スチールされるとチャンスが一気にピンチに変わることもあります。

ラインアウトは攻守にわたり重要なセットプレーですが、なぜこのプレーの精度を高めないのかいつも疑問に思います。

例えば、慶応はLOにそれほど身長の高い選手がいなくても例年ほぼ安定しています。
これはひとえに練習の賜物でしょう。

つまり、同志社はラインアウトをそれほど重視しておらず、練習もほどほどしかしていないと推測できます。

もっとも実際は練習を十分しているにも関わらず試合で上手くいかないのか、あまり練習していないため精度が低いのかはわかりません。

しかし、同志社ラグビー部にとってラインアウトは早急に改善すべきプレーであることは明らかです。

2015年シーズンはマイボールラインアウトほぼ100%キープできるところまで精度を高めてほしいです。


2014年度同志社ラグビーは関西リーグ終盤に不安定さを増してきましたが、チームの底はこの辺りで、ここから徐々によくなっていきます。

少し長くなったので立命館大学戦と大学選手権での試合は次回書きたいと思います。





このページのトップヘ