同志社大学ラグビー部 ファンブログ

カテゴリ: 2019年シーズン







2019年ラグビーの関西リーグが開幕しました。

同志社大学はここ2年大学選手権出場を逃すなど、不本意なシーズンが続いています。
今季に期待したいところですが、今季も天理が抜けており、その他のチームで2位争いを行うという状況でしょう。

同志社大学は開幕は摂南大学との戦いです。

同志社メンバーです。

1 田中
2 橋本
3 栗原

4 松野
5 平澤
6 弓削
7 堀部 U20
8 服部 高校

9  人羅
10 田村 高校・U20

11 山本 U20
12 倉岡
13 和田 U20
14 原田 U20
15 山口 U20

16 奥田
17 六車
18 真山
19 嶋崎
20 木原
21 桑山
22 谷川
23 稲吉 U20

メンバーを見るとなかなか豪華な布陣です。
近年は関西リーグでも低迷していますが、選手層では関西随一といってもいいかもしれません。
特にハーフ、バックス陣は大学屈指とも言えそうなメンバーがそろっています。

なかでも、SH/SO田村、CTB/WTB和田、WTB/FB山口選手は今年の「ワールドラグビーU20トロフィー2019」においても主力として活躍しています。

来年イタリアで行われる「ワールドラグビーU20チャンピオンシップ2020」への昇格を決めた試合でも、先発メンバーとして力を発揮しました。

また、FWも近年フィジカル強化に力を入れおり、FL弓削選手以外の7名は100キロ超となっています。
もっとも、体重だけ増やせばいいわけでもなく、体重を増やしながらフィジカル・フィットネスの強化を行っているのでしょう。


試合は52-40で同志社が勝利し、春シーズンの雪辱を果たすことができました。

ただ、課題も多く見つかっています。結果からも明らかなように、得点を取られ過ぎでしょう。
また、FWも全般的に献身的な動きをしていたように思いますが、まだまだ強さが足りないように感じました。
ここからの上積みは容易ではありませんが、もう一段回レベルをあげてもらいたいですね。

BKでは、CTB和田選手を筆頭に、WTB原田、WTB山本、CTB倉岡選手とキレのある動きを見せていました。
和田選手は、スピードだけなく、ひたむきなタックルなど今季の同志社に不可欠な選手のように感じました。

ともあれ、シーズン初戦きっちり勝ち切ることができたことは大きな収穫でしょう。

次戦は、立命館大学を下した近畿大学です。

決して簡単に勝てる相手ではありません。
着実に勝利して、大学選手権を手繰り寄せてもらいたいですね。

















2019年度同志社大学ラグビー部への入学予定者が発表されています。

ここ2年間は連続で大学選手権出場を逃すなど不本意な成績が続いていますが、来季は心機一転気持ちを切り替え、好成績を目指して頑張ってもらいたいですね。


新たに入学する選手は同志社復活を占ううえでも重要な要素となります。

スポーツ推薦等で入学が決まっている選手は7名です。

今シーズンは高校選手権もしっかりと見ることができていないので、それぞれの選手の特徴などをここで語ることは適当ではなさそうです。
ただ、期待と憶測となってしまいますが少し選手評を書いてみたいと思います。

まず、メンバーです。

大森広太郎 茗渓学園 CTB 177センチ 83キロ           高校日本代表候補

岸本尚龍 国学院久我山 FB 168センチ 75キロ

梁本旺義 常翔学園 No.8 180センチ 90キロ

馬渡仁之介 東海大大阪仰星 FL/No.8 177センチ 90キロ  U17高校日本代表候補

新和田錬 尾道 SH 171センチ 70キロ               高校日本代表候補

小島雅登 東福岡 FL/No.8 175センチ 79キロ        高校日本代表候補/U17高校日本代表

原昇大 小倉 SH 169センチ 65キロ

公表されている上記メンバーに加え、同志社高校の笠原浩史選手(SO/CTB/FB・高校日本代表候補/U17高校日本代表)が加わってきそうです。


この中ではやはり高校日本代表候補に注目してしまいます。

同志社高校の笠原選手、東福岡の小島選手、尾道高校の馬渡選手には注目です。
初年度は難しいかもしれませんが、2年目以降はレギュラー候補に名乗りを上げてもらいたいですね。


なかでも、笠原選手はSO、CTB、WTB、FBとバックスではすべてのポジションをこなせる万能選手のようです。
同志社の万能BK原田選手に似ているところがあるのかもしれません。

現状の同志社では帝京、東海のようにフィジカルを徹底的に鍛え上げるということは難しそうなのでやはり、才能のある選手の獲得がチーム浮上のカギになりそうです。

ともあれ、同志社の一員としてラグビーを支えてくることにまずは感謝です。














このページのトップヘ