同志社大学ラグビー部 ファンブログ

カテゴリ: 2016年シーズン







2017年1月2日、ラグビーの大学選手権準決勝で同志社大学は東海大学とん対戦しました。

同志社の準決勝進出はじつに19年ぶりと同志社ファンにとんってはまさに悲願のベスト4進出です。

結果は12-74と実力の差を見せつけられての大敗です。結果は残念ですが、今回の結果をぜひ来シーズンにもつなげてもらいたいものです。

試合は序盤から東海大学ペースで進められました。
前半11分までに3つのトライを決められ0-21と大きくリードを奪われます。しかし、16分にFB崎口選手がトライを取ると、16分には安田卓平選手が巧みなプレーを見せトライ。12-21と詰め寄ります。

しかし、同志社の反撃もここまで、その後は終始東海ペースとなり、前半を12-40で折り返します。
後半に入っても東海のペースが衰えることもなくトライを重ねていきます。

同志社も維持の反撃を何度も見せますがトライには至らず、結局そのままノーサイド。
接戦を期待しましたが、東海のフィジカルに圧倒され、12-74での敗戦です。

同志社の選手のポテンシャルは決して低くはありません。
PR海士、HO中尾、LO山田、NO8末永、秦啓介、SH大越、SO永富健太郎、WTB松井、FB崎口、小林健太郎などトップリーグでもその活躍を見てみたい選手が4年目の選手が複数います。

しかし、東海の選手は同志社の才能を凌駕する圧倒的なフィジカルの強さがありました。
少し大げさかもしれませんが、高校生と大学生くらいの体格差があるようにも思えます。
ラグビーはなんといっても体の大きさと強さが基本です。

強さの源泉であるこれらの要素が圧倒的に劣っていれば、それを翻すことは容易ではありません。

同志社と天理はフィジカルの差をスピードとゲームメイク、フィットネスで何とか埋めようとしていましたが、基礎力の差が大きすぎたのでしょう。

小よく大を制すにも限界があります。

同志社が大学選手権優勝を狙うなら、FWに外国人選手を入れるなどチーム戦略を根本的に考え直さなければならない時期にきていると思います。

今のチーム体制を続けることも、一つの選択肢ですが、やはり優勝する姿も見てみたいです。
このままでは帝京、東海に勝つ可能性は極めて低いでしょうし、今後その差がさらに開いてしまうように思えてなりません。

ともあれ、今後も同志社ラグビー部を応援し続けることは間違いありません。

来季の飛躍に期待です。













2016年度大学選手権準々決勝、関西リーグ2位の同志社大学は関東対抗戦2位の早稲田大学と対戦しました。

伝統校同士の一戦とあって自ずと好勝負を期待していました。

試合は序盤から同志社が早稲田を翻弄します。
前半2分、FB崎口選手が早稲田陣深く攻め込むと最後はCTB石田幹太選手がトライ、ゴールも決まり7点を先制します。

16分には石田、崎口選手のランでチャンスを広げると最後はLO山田有樹選手がゴールラインに飛び込んでトライ、12-0とリードを広げます。

22分に相手ノックオンのミスからチャンスを広げると、ボール中央付近のラックからのボールが乱れたところを中央突破した崎口選手がトライ、ゴールも決まり19-0とリードを広げます。

その後も34分にWTB松井選手が崎口選手からのラストパスを相手に絡まれながらもたらいを決め、26-0とさらにリードを広げます。

39分にはSH大越選手からのパスを受けた安田選手が中央付近にトライ、33-0とリードを広げたところで前半が終了します。


前半は同志社が早稲田を圧倒していましたが、早稲田からのキックオフではなんと4回連続でボールキープできないなど、通常なら失点の可能性が高くなるような場面もターンオーバーや相手のミスなどでボールを奪い返していました。

また、スクラムでは早稲田優位の状況でしたが、何とか凌ぎ失点を凌ぐことができていました。

後半も最初に得点を挙げたのは同志社です。

6分には自陣からボールを大きく展開するとHO中尾選手からの折り返しのボール受けたFL丸山選手がディフェンスを振り切りトライ、40-0と大量リードします。

この時点で試合は決まったと思いましたが、ここから流れが早稲田に一気に傾きます。

11分に早稲田のモールから自陣ゴール前に攻め込まれると最後はディフェンスが乱れたところをあっさりとトライを奪われます。難しい角度からのキックも決まり、7点を返されます。

20分にはこれまで2度ほど注意を受けていたスクラムでの反則の繰り返しということでPRの要、海士選手がシンビンで10分間の退場となります。

この退場で一気に息を吹き返した早稲田は21分、スクラムで優位に立つと、キックパス受けたWTB梅津選手がインゴールでボールを抑えトライ、、ゴールも決まり40-14とします。

その後のキックオフではSO永富健太郎選手が直接ゴールを割るという痛恨のミス、中央付近で劣勢のスクラムとなります。ここから大きく同志社陣に攻め込まれます。

早稲田の選手のノックオンと思われた場面もFL野中選手のノックオンと判定されると、スクラムで大きく押し込まれます。
最後はこの試合再三前に出る好プレーを見せていたWTB本田選手がトライを決めます。

後半25分時点で40-19とわずか15分で同志社のリードが一気に21点差に縮まります。

その後も同志社ボールのラインアウトをHO中尾選手のノットストレートのミス、試合の流れが早稲田に傾いたままとなります。

後半は同志社にやや不利と思われる判定が何度か見られるなど、早稲田の大逆転劇という悪夢も脳裏に浮かび始めました。

29分には早稲田ノックオンと思われたプレーも膝にあたったということで、相手ボールのラインアウトになります。
この判定はおそらく妥当だったのでしょうが、場内は騒然となり始めます。

31分にはSO永富健太郎選手からのパスをまさかのレフリーがインターセプトです。このパスが通っていたら一気にトライという場面に冷や水を浴びせます。

再び場内騒然となりますが、結果としてこのプレーが同志社に落ち着きをもたらせてくれたように思います。

同志社が前半に見せたような攻撃のリズムを取り戻すと最後はCTB永富晨太郎選手がディフェンスに絡まれながらもトライ、ゴールも決まり47-19とします。
この時点で残り6分余り、勝敗の趨勢はほぼ決まりました。

その後、同志社は大きく選手を入れ替えますが、流れは再び早稲田に。
敗色濃厚な早稲田も必死の攻撃を繰り返し、二つのトライを返すも、47-31でノーサイド。

この瞬間同志社の11シーズンぶりの大学選手権ベスト4が決まりました。

後半11分に早稲田にトライを奪われるまではほぼ完ぺきな試合運びでしたが、後半は一気に流れを早稲田に持っていかれるなど次戦の東海大への不安も残すことになりました。

課題のスクラムでは早稲田に劣勢を強いられています。関西リーグで同志社スクラムを圧倒した京都産業大学も大型FW擁する東海大に優位に立てませんでした。

FWの機動力という意味では東海大と遜色はなさそうですが、BKの決定力も高く、スクラムも強力な東海大に勝利することはかなりの困難なミッションであるように思います。

幸い、次戦まで2週間空きます。短期間でのスクラム強化はほぼ無理だ思いますが、何らかの対策を練ることはできます。

総合力では間違いなく東海大が勝っていると思いますが、詰めの甘さのある東海大です。
勝機は必ずあると思います。

次戦、勝利して決勝進出、そして悲願の大学選手権優勝を達成してもらいたいです。

頑張れ、同志社!






このページのトップヘ