同志社大学ラグビー部 ファンブログ

2016年02月






2015年シーズンのPR1は3年前の花園全国大会優勝メンバーである常翔学園出身、海士選手が務めました。
新シーズンも4年目となる海士選手が先発として支えることは間違いありません。
海士選手は172センチ105キロとPRとしては大学でも比較的小柄な部類に入ります。
しかし、スクラムの強さだけでなく軽快な機動力も魅力な選手です。以前も書いたと思いますが、あと10センチ上背があれば日本代表を狙える選手になっていたと思います。
しかし大学レベルではいかんなく存在感を発揮してくれることでしょう。

リザーブは今シーズン同様来季4年目となる趙隆泰選手が最有力です。
NO8から転向した趙選手も4年迎えます。海士選手の壁はなかなか厚いとは思いますが、果敢にレギュラーを狙ってもらいたいです。もともとNO8だったことからも体幹の強さと機動力は海士選手と遜色ありません。
やはり課題はスクラムでの安定した強さだではないでしょうか。ここを克服することができれば海士選手に匹敵する活躍が期待できます。

PR1はこの2人が軸になってくると思いますが、他の選手とはやや実力差がありそうです。
今後を考えるとやや不安が残ります。木田、木原、田中遼一郎選手などの奮起にも期待です。
田中選手はPR3が有力ですが、PR3は比較的層が厚いためPR1で経験を積んでもよさそうです。

今季、スクラムは関西屈指の強さを誇っていましたが圧倒するまでには至りませんでした。スクラムはラインアウトと並びセットプレーの要です。ラインアウトは長年不安定な状況が続いていますが、スクラムでは安定した強さをほぼ維持できています。

来季はスクラムだけでなく、現代ラグビーに不可欠となりつつあるフィールドプレーでの存在感も発揮してもらいたいです。










同志社大学が大東文化大学に敗れ、2015年シーズンが終了してから早くも1月半が経ちました。

2016年シーズンの本格始動はもうしばらく先かと思いますがすでに各々体作りなど新シーズンに向けて準備を開始していることと思います。

今季は8シーズンぶりに関西リーグを制覇するなど着実に地力をつけてきています。大学選手権では慶応に快勝するも、筑波、大東文化に連敗しベスト4を逃しましたが、来季につながる戦いができていたのではないでしょうか。

松井、末永、秦、大越、永富、石田選手などこの世代屈指の有望選選手も4年目を迎え勝負の年になることは間違いありません。
来季も東福岡高校NO8服部綾、筑紫高校LO堀部直杜、修猷館高校SO古城隼人、SH原田健司選手など1年目から活躍が期待される逸材の入学も決まり、選手層を下支えしてくれそうです。

おそらく選手層では関西随一、全国では少なくともベスト8には入ってくるでしょう。
有望選手が集中する帝京や明治には到底かないませんが、筑波、東海、法政などには肉薄しつつあります。

あとは結果を残すのみです。
とはいえ、なかなか思うような結果を出すことができていません。
来季こそベスト4進出を実現させてもらいたいです。

次回から今季の活躍等も踏まえ、各ポジションのメンバー予想をおこなっていきます。





このページのトップヘ