同志社大学ラグビー部 ファンブログ

2015年12月






2015年度大学選手権セカンドステージ第3戦、同志社大学対大東文化大学の試合は大東文化が33-31で競り勝ち準決勝進出を決めました。

十分勝てる試合だっただけに残念です。

大学選手権において、関東のチームに対し7点差以内の接戦をことごとく落としていますが、今回もそのジンクスを打ち破ることはできませんでした。

残念ですが、この敗戦で同志社のシーズンは終了です。

今シーズンは関西リーグを8年ぶりに制すなど復活を予感させてくれる1年となりました。
来シーズンはさらなる飛躍を期待します。










大学選手権準決勝進出をかけた大東文化大学戦メンバーを予想します。


1 海士
2 山﨑
3 才田
4 山田
5 森山
6 丸山
7 野中
8 秦啓祐

9 岩村
10 渡邉
11 高野
12 永富晨太郎
13 林
14 松井
15 崎口

16 中尾
17 趙
18 石橋
19 戎
20 朴
21 大越
22 永富健太郎
23 氏家(小林健太郎・安田)



おそらく怪我などがなければ前の筑波戦と同じメンバーでしょうが、前回前半に退いたHO東選手の出場は不透明な状況です。
今回は今季最終戦となるかもしれない大東文化戦なので、個人的な期待を込めて予想しています。

HO山﨑選手、SH岩村選手、WTB高野選手の起用を期待します。
大東文化戦は大型選手が多く、その攻撃はかなりの脅威です。大越選手の素早いボールさばきは魅力ですが、小柄なためディフェンスは弱点です。
今回は180センチの大型SH岩村選手を起用し、大東文化の攻撃を凌いでもらいたいです。
また大東文化は大学選手権に入り素早い出足のディフェンスで筑波、慶応に快勝していますが、このディフェンスの上をいく攻撃ができれば一気に大量得点も期待できます。

山﨑、高野選手はともにスピードに優れトライが期待できます。大東ディフェンスをいい気に振りきってのトライシーンを見せてくれるかもしれません。

大東文化は関東リーグ戦の結果を見ると高い攻撃力を持ちながら、やや甘いディフェンスが弱点でした。しかし、大学選手権に入りディフェンスが整備され、破壊力抜群の攻撃力を発揮し、筑波を撃破しています。

同志社の攻撃力は大東文化のような大型選手は少ないですが、それほど遜色ないレベルです。また、スクラムは明らかに優勢でしょうし、モールでのトライも取れそうです。
攻撃の起点となるマイボールラインアウトは100%の獲得率を目指してほしいです。ここで前回の筑波戦のように序盤から乱れるようだと一転劣勢に立たされる可能性もあります。

ノーガードの打ち合いのような試合ではく、とにかく精度の高い緻密なプレーを期待したいです。





このページのトップヘ