同志社大学ラグビー部 ファンブログ

2015年04月







今回は常翔啓光学園出身の芳森大輔選手と取り上げたいと思います。

2000年代初頭全国大会4連覇を達成するなど強豪の名をほしいままにしていた啓光学園ですが近年は全国大会出場からも遠ざかっています。
そのチームの中心を担うスタンドオフをつとめ、全国大会出場に近づけた選手といえます。

2013年にはU17高校日本代表SOとして全3試合に出場、2試合でトライを決めるなどなどゲームメーカーだけでなくトライゲッターとしても輝きを放っていました。
現在ラグビーは各ポジションの役割が以前よりも希薄になり、よりオールマイティな働きが求められます。SHやSOも球出しやゲームメイクだけでなく、自ら突破を試み、時にはトライも求められます。
その意味で彼のトライへの嗅覚は今後の同志社ラグビーに不可欠なものとなるかもしれません。

そんな逸材も昨年10月大阪国体代表として出場した試合で足首を負傷、長期離脱が懸念されていました。

しかし、同志社の今シーズン初戦となる関西学院戦で見事に復帰を果たし、途中出場ながらもトライを上げています。
カテゴリーはBチームですが、入学間もない4月に上級生に混じり早くも出場していることからも今後の活躍が大いに期待できます。

今季同志社の正SOは渡邉夏燦、永富健太郎選手を軸に、高井勇貴、平山和寛選手も含め起用されることになると思いますが、芳森選手もAチームのリザーブだけけでなく、レギュラー争いに絡む活躍をしてくるかもしれません。

もちろんSOではなく、CTBなど他のポジションでの起用も考えられます。

今シーズン、同志社のバックスには高校日本代表などの有望選手が複数加入し、競争は熾烈になっています。
レギュラー獲得は簡単ではないと思いますが、今後同志社を支える選手として期待していきたいと思います。










2015年同志社ラグビー部のシーズン初戦、関西学院との2試合が行われました。

Aチーム 45-31

Bチーム 102-0


Aチームの試合では45点と高い攻撃力をみせてくれましたが、31失点とやや大味な試合になりました。
高井、石田、岩村、佐藤一樹、野中各選手がトライをあげています。岩村選手のトライは珍しいですが、その他のはトライが期待されている選手とあって今後の活躍がますます楽しみにさせてくれました。

Bチームは102-0とまさに圧勝です。

小林健太郎選手はトライを量産しています。
今回は実力差がある相手だったので彼の強さが如何なく発揮されたのでしょう。このトライをとり切る強さがAチームでも出すことができれば、Aチームでのレギュラー獲得もぐっと近づきます。

その他、1年生も活躍していました。
後半出場の芳森大輔、安田選手は早速トライをあげています。メンバー表にはなかった永富晨太郎、高野、青木大峻選手も出場しています。特に高野選手は出場後わずか3分でトライをあげるなど存在感を示しました。

それにしても関学相手に102得点での大勝です。
点差を考えるとミスマッチの試合ですが、ここまで実力差があるとはちょっと驚きです。

昨年11月に対戦した時の結果です。

関学A 14-26

関学Jr 64-24

関学C 33-14

関学D 48-38


Jrこそ大差がつきましたが、その他は比較的競った試合でした。

今回の同志社はCチームに近いBチームだったと思います。前回のCチームでの対戦は33-14で同志社が勝利していますが、わずか半年でこの実力差が開いたということなのでしょうか。

近年同志社はリクルートに力を入れているので関西随一といっていいほど選手層は厚くなってきていると思います。
関学も関西では層は厚いチームですし、数年前までは同志社を凌ぐほどだったはずです。
選手の素材でそれほど差があるとは思えませんから、関学の準備不足だったということでしょうか。

もっとも、まだシーズンも始まったばかりです。

次回は5月4日の環太平洋大学との対戦です。5日には京都産業大学との対戦が控えています。

次戦も快勝が予想されます。

ところで帝京が法政相手に121-0の圧勝です。互いに主力を数名欠いていますが帝京の強さは今年も別次元です。

法政も全国ベスト4の実力のある強豪とはいえませんが、高校日本代表(候補)の選手も比較的多く、それなりに実力のあるチームです。その実力校に対し全く試合をさせていません。

帝京、恐るべしです。

帝京を倒すチームが同志社であってほしいですが、秋までにこの突出した実力をもつ帝京に追い付くことはほとんど不可能といわざるを得ないでしょう。同志社も強くなるでしょうが、帝京はさらに実力をつけてきそうです。

この強さだと今年も帝京の目標は打倒トップリーグですね。





このページのトップヘ