今季躍進した選手といえば、常翔学園出身の2年目、No8倉本吏哉選手があげられると思います。

近畿大戦ではリザーブからも外れていましたが、2戦目の関西大学戦以降では先発出場を続けています。
関西リーグ初戦の近畿大学戦でFL末永選手が負傷、戦線離脱したことより回ってきたチャンスですが、しっかりとものにしたといっていいのではないでしょうか。

身長175センチとNO8としては小柄な選手ですが、体幹が強くタックルを受けても簡単には倒れません。
ディフェンスに真っ向勝負で突進し、絡まれながらも前に出る姿は爽快感すらあります。
現状の先発メンバー、LO森山、山田、FL秦、野中選手は、運動力が多く、前に出る強さもあります。しかし突破役としてはやや物足りない面があります。

倉本選手はボールを持てば上記の選手より高い確率でゲインが見込めるため、今後も突破役の期待がかかります。
末永選手が復帰すればリザーブに回ることになるかもしれませんが、それまでは先発を務め、経験値を高めてもらいたいですね。