今季入学したBK陣には高校日本代表が3名もいるためどうしても彼らに注目してしまいますが、他にも有望選手がいます。

WTBでは内田彩貴選手が存在感を見せています。試合はCチームが中心ですが高い確率でトライを取っています。
169センチと上背こそありませんが、力強いランと決定力の髙さが魅力の選手です。

WTBにはチームに戻ればレギュラー確実の松井選手の他、佐藤選手や今季急成長の鶴田選手、さらに新人の髙野、安田選手などがいるためBチームでプレーすることも容易ではありません。
ウィングとしての資質は高いものがあると思うので、なるべく上位チームでのプレーを期待したいです。

CTBでは安藤航平選手に注目です。セブンズアカデミーにも選ばれた逸材で、今後大きな飛躍も期待されます。当面は体作りということになると思いますが、来年以降上位チームでのプレーを見せてくるかもしれません。

ただ、学部が生命医科ということで学業との両立は文系学部に比べるとかなり厳しそうですが、どうなのでしょう。文武両道頑張ってほしいですね。


FB山口修平選手は、怪我からの回復途上のようでまだ試合出場はありませんが大型FBとしてダイナミックなプレーを見せてほしい選手です。

バックスのポテンシャルに関しては大学屈指といって間違いないでしょう。

夏合宿でさらなる成長を見せてくれそうです。