今回は今季加入した1年目選手BKの活躍状況です。

BKに関しては高校を代表するような有望選手が複数入学しており、数年後には大学ラグビー界を代表するようなバックス陣を形成する期待も高まります

高校代表のCTB永富晨太郎、WTB高野蓮、WTB/FB安田卓平選手は下位チームを経て、春シーズンですでにAチームデビューしています。
彼らの実力を考えるともっと早くAチームでのプレーも可能だったように思いますが、監督の方針もあったのでしょう、下位チームで大学での経験を積んでからAチームデビューとなっています。

実力のある選手は新入生であっても早速Aチームでプレーをさせるチームもあると思いますが、慎重に判断することもある程度妥当な判断なのでしょう。

フィジカル的には、永富、高野選手は十分通用する強さを持っているようなので今後ますます期待ができます。
一方安田選手はセンスは抜群ですがまだ体の細さが目につきます。スペースを巧みにつくランニングスキルに関しては申し分ないようなので、当面は怪我をしない体づくりを優先させてほしいですね。

以上の3選手はすでに才能の片鱗を見せてくれており、1年目からAチームでの活躍の可能性も髙いと思います。

また、期待のSO芳森大輔選手もCチームで既に先発出場しています。
昨年足を怪我をしたようですが、それほど重症ではなかったようで春から早くも復帰を果たしています。今季のSOはレギュラー候補の渡邉選手のほか、永富健太郎、高井選手がいるためAチームデビューの可能性はそれほど高くはないと思いますが2年目以降はレギュラー争いに食い込んできそうな選手です。

ゲームメイクに加え、自ら切り込む果敢なアタックも魅力な選手です。タイプ的には高井選手をよりダイナミックにしたようなプレースタイルでしょうか。

もう一人のSO青木大峻選手もなかなかの動きを見せてくれています。素早くボールを動かす展開ラグビーに定評のある茗渓学園で2年次から正SOとしてプレーしており、芳森選手のいいライバルになる可能性も十分ありそうです。

SOには国学院久我山か久々に入った川瀬瑞生選手もいます。昨年度の冬の全国大会では登録メンバーに入っていませんでしたが、同志社では下位チームですでにプレーしています。
未知数の部分が多い選手ですが、180センチと身長が高く、スケールの大きなプレーに期待していきたいです。