今季同志社に入学した新入生の出場状況をFW中心に見ていきます。

その前にまずは、高校代表として活躍した期待の4選手の状況です。

CTB永富晨太郎、WTB高野蓮、FB安田卓平選手は大学に入ってからも順調にステップアップしています。この3選手はすでにAチームデビューしており、秋の公式戦でもAチームメンバー入り可能性が十分あります。

一方、同じ高校日本代表のPR黒澤桂選手は大学でのスクラムにやや苦戦しているようです。
185センチという長身がネックとなっているのか、もともとスクラムがそれほど強くなかったのか判断しかねますが、PR3としてはもう少し時間がかかりそうです。
もともと、走力には定評がありますし、ある程度のパススキルも持ち合わせています。走力を活かすのであれば、今のうちにLOやFL、NO8に転向するという選択肢もありそうです。
もっとも、それはおそらくないのでしょうね。


それでは、今季入学した新人選手の活躍状況を振り返ります。

高校時代の有望選手が多数入学したBKに比べるとやや地味な印象のある今年のFW陣ですが、楽しみな選手も複数います。

前述した高校代表のPR黒澤選手は春から試合出場していますが、大学でのプレーにもう一つフィットできていないようです。焦らずたゆまず今季はフィジカルトレーニングに精を出してほしいですね。

新人最長身(188センチ)のLO有賀選手も天理D戦に途中出場しています。長身選手が少ない同志社ですのでどうしても期待してしまいます。


個人的に注目しているFL/NO8秦旭宏選手も6月から試合出場してます。
故障明け(おそらく)のようなのでまだ本調子ではないと思いますが、ABC混合チームで挑んだ朝日大学A戦では途中出場しています。
今季の同志社はFWが安定した強さを発揮できていますが、多くのポジションでレギュラーとリザーブの力量差がやや大きいようです。

特にFLはレギュラー候補の末永、野中選手と丸山選手などのリザーブ人とは力の差がある程度ありそうです。
秦旭宏選手も夏合宿で順調にフィジカル、フィットネスを強化できれば秋にAチームデビューが見られるかもしれません。

その他、HO平川、LO加藤、堀内、FL小田切、安藤良、NO8平田選手もすでにC、Dチームに出場しており今後注目していきたい選手たちです。

なかでも、堀内、平田選手はフィジカルが強いようなので、3年目以降にレギュラー争いに食い込んでくるかもしれません。

もちろん、まだ試合出場していない選手も今後のトレーニングで頭角を現してくる可能性も十分あります。

ラグビーにおいてFWは比較的地味な存在ですが、強さの基盤をなす重要な働きをします。
今季入学した華麗なバックス陣に負けない活躍を期待したいですね。