2018年度関西リーグ春季トーナメント1回戦、同志社大学対立命館大戦のメンバーです。

1 田中
2 橋本
3 文

4 堀部
5 野中
6 中尾
7 弓削
8 平澤

9 原田
10 古城

11 内田
12 山本雄貴
13 山口
14 山本翔
15 安達 祐基

16 平川
17 水戸
18 栗原
19 大熊
20 嶋崎
21 人羅
22 南野
23 永富

FW、BKともに昨年のAチームメンバーから新たな顔ぶれが加わっています。

第1列は今季の同志社を占う重要な役割を担っています。
昨シーズンはスクラムが安定せず、FW戦で劣勢を強いられていました。
今季、ゲームを作り、優勢に進めるためにはPRの奮闘が不可欠です。
現時点では未知数ですが、今季の頑張りに期待です。

LOは堀部、野中選手の長身コンビです。
服部選手が不在なのは気になりますが、この3名が今季のLOを支えることになりそうです。

FL、NO8は新たな顔ぶれです。
中尾、弓削、平澤選手ですが、いずれも体を張り、献身的なプレーを特徴としています。突破役としてはまだまだといったところですが、今後の伸びしろを見守りたいです。

SH、SOは修猷館コンビです。
SHは積極的に前に出す攻撃的なプレーが持ち味の原田選手です。先日のセブンズでも果敢なプレーでチームを牽引していました。昨シーズンはAチームに定着できませんでしたが、今季は攻撃的なSHとして、チームを支えてもらいたいです。

SOは古城選手です。原田選手同様、攻撃的なゲームメイクが持ち味のスタンドオフです。SOは芳森選手の復帰が待たれますが、古城で選手もAチームレギュラーの有力候補です。

CTBは山本祐貴、山口選手です。山本選手は昨年のU20メンバーに選ばれるなど、ポテンシャルのある選手です。プレー自体は未知数ですが、今季Aチームのレギュラー争いに加わってくるでしょう。

WTBは内田、山本翔選手です。いずれもAチーム候補ですが、髙野、江金選手が復帰すればリザーブになってしまうかもしれません。
彼らを脅かすパフォーマンスに期待したいです。

FBは足立選手です。ここも安田選手がいるため、レギュラーとなると難しいかもしれませんが、Aチーム定着にしのぎを削ってもらいたいです。

今後のAメンバーについては、ポテンシャルを考えると、今回のメンバーから大きく異なってくることが予想されます。
ただ、チーム全体の底上げのためにも、今回のメンバーにも十分期待したいところです。