2017年関西Aリーグ第2節、同志社大学は立命館大学と対戦しました。

メンバーです。

1 田中
2 平川
3 土田

4 堀部
5 松の
6 平田
7 丸山
8 野中翔平

9 山田
10 永富

11 鶴田
12 阿部亮介
13 高井
14 高野
15 光部

16 山崎
17 中村海輝
18 石橋
19 野中翔伍
20 嶋崎
21 原田
22 古城
23 山本雄貴

関西リーグはまだ2戦目ですが、今後の対戦相手を考慮すると、大学選手権出場のためにはもう負けられない状況です。

まさに背水の陣で臨む立命館大学戦です。

前半5分、最初に得点をあげたのは立命です。幸先の悪いスタートですが、その後しばらくは一進一退の状況となります。

10分にWTB鶴田選手がトライをあげるも、18分に再度立命にトライをあげられ、7-14とリードされます。

しかし、ここから同志社の3連続トライで逆転しリードを広げます。

WTB高野、CTB高井選手がそれぞれトライを上げ、31-14とリードを広げます。
終了間際、立命にトライを返されますが、31-19で前半を折り返します。

後半開始4分には再びWTB鶴田選手がトライを上げ36-19とし、リードを17点に広げます。
このまま一気に突き放しにいきたいところですが、16分にトライを与え、36-26の10点差に詰め寄られます。

ディフェンスの甘さが目立ち、終盤に向け不安を残す展開でしたが、ここから主将のNO.8野中翔平、途中出場の山崎選手が立て続けにトライを上げ、24分の時点で50-26。

この時点試合の趨勢はほぼ決まりました。このままノートライで試合終了といきたいところですが、後半32分に立命にトライを許します。
しかしその後2つのトライを重ねた同志社が、結局63-33で勝利をあげることができました。

おそらく試合前は立命館にも苦杯をなめると予想していた人も多かったかもしれません。

課題もあるものの64得点あげたことは評価できるとおもいます。
ただ、33失点は流石に多すぎます。

このままでは、この後に控える関大、京産、近大戦にも不安を残す結果となりました。
今季天理大学に勝利することは難しいといわざるを得ないでしょう。

関西リーグを2敗までに抑えることができれば大学選手権出場の3位以内に踏みとどまることができそうです。

課題のFWも2列、3列目は戦力がある程度戦力が整っています。

LO堀部、FL/No8丸山、FL/No.8野中翔平選手と全国レベルの選手がいます。
ここにLO服部、FL/No.8秦選手が戻ってくるようだと、強さ、機動力がさらに増強されます。

やはり、問題はスクラムの要、PRでしょう。この時期からスクラムが大幅に強くなることはあまり期待できませんが、来季を踏まえつつ今季を乗り切るための布陣で試合に臨んでもらいたいですね。

次戦は10月22日(土)関西大学戦です。
関大は今季上位を狙っている近大から勝利をあげています。
今の同志社にとっては、簡単な相手ではありませんが、しっかりと勝利を手にしたいところです。